新着情報

更新日:2017年3月1日 新着情報一覧

弊社ではこの度、「3D造形デザイン事業部」を立ち上げました。

「3D造形デザイン事業部」について

弊社ではプラモデル金型を得意としており、大手企業様からも引き合いが多くございますが、それよりも小さな案件も多くご依頼されることもあります。

そこで、樹脂製品の試作や1点物の製作のご要望が活用されています、3Dプリンタを活用して、例えばベンチャー企業様のモックですとか、医療業界における模型の制作などのご依頼を受けるべく、新たな事業部を立ち上げました。

しかしながら、3Dプリンタを使うに当たって、もっとも難易度が高いのが、元になる形を入力する「モデリング」です。仮想の3D空間を平面のモニタに表示しながら行うモデリングは、立体製作専用のソフト(モデラー)と、独特な立体把握のセンスが要求され、非常に高度です。

そこで、弊社の高いモデリング技術をパッケージング化し、3D造形を作りたいというご要望にお応えできるような体制を整えました。

詳細は、こちらのページからご覧ください。

≫ 3D造形デザイン事業部

ご関心のある方は、まずはお気軽にご相談くださいませ。

 

更新日:2016年6月30日 新着情報一覧

先日、修学旅行の訪問学習として、仙台市立柳生(やなぎう)中学校の4名の生徒さんが見学に訪れました。

ホームページから連絡をいただいたのがきっかけで去年も生徒さんが来てくれました。

訪問学習では設計、金型、成形まで一通りを見学してもらいました。
見学
※写真は掲載許可をいただいています。

「この仕事を始めたきっかけはどのようなことですか?」
「プラモデルの製作ではどういったことに喜びを感じますか?」
「仕事をする上で大切なことは何ですか?」

など、たくさんの質問があり、熱心に見学してくれたので、こちらも知らず知らずのうちに説明に熱がこもりました。

後日生徒さんからお礼のお手紙をいただきました。

~生徒さんからのお手紙の抜粋~

私は今回の訪問取材に「何かをつくる仕事をする上で大切なこと必要なことを学ぶ」を目標として臨みました。柴田社長のお話を伺うことを通して社員の皆様が「お客様に喜んでもらうため」「喜んでもらうためにもっといいものを作るため」に熱意を持って働いていることがわかりました。
また、柴田社長の「仕事をすることは誰かの役に立っている」という言葉が印象に残っています。私はこの言葉でこれまで以上に仕事に興味を持ちました。私は自分のことより誰かのために働ける人になりたいと今回の訪問で思いました。 

とても嬉しい感想をいただきました。柳生中学校の生徒のみなさん、ありがとうございました!

若い人にものづくりの素晴らしさを伝えることも当社の責務だと考えています。一人でも多くの人がものづくりに興味を持ち、日本を支える技術者になってくれたらと願っています。

更新日:2015年3月3日 新着情報一覧

デュアルシステム制度

先日、東京都教育委員会より都立工業高等学校のデュアルシステムの受け入れが評価され、弊社が表彰されました。

デュアルシステム制度2

都立工業高等学校のデュアルシステムにつきましては「SYUTO Press Vol.12 今年の新入社員その2」でもご紹介させていただいておりますが、デュアルシステム制度で昨年、塚本君が入社いたしました。弊社では今後もデュアルシステム制度を積極的に活用いたしまして、プラモデルはもちろん、プラスチック製品の金型設計、製作、製造の未来を担う人材を採用、育成していく所存です。

更新日:2014年12月13日 新着情報一覧

村田製作所の広報担当です。弊社では製品のPRとして、自社製部品を多用した「自転車型ロボット/ムラタセイサク君」、そして「一輪車型ロボット/ムラタセイコちゃん」が広報活動の一役を担っており、これらは、国内はもとより、海外にまでその活躍の場を広げております。

そして以前より、弊社の各事業者、関係会社からは、ムラタの広告塔であることから、お客様を迎える玄関ロビーに常設展示したいといった声が数多く聞かれており、これに応えるべく、今回レプリカを製作する運びとなりました。

これに伴い、自社での内製を含めて、3Dプリンター関連の製作業者数社と協議を重ねたわけですが、求めるクオリティの面において折り合いが合わず、企画そのものの見直しを迫られる状況となりました。

そして困惑している時に浮かんだのが、子供の頃に夢中になった「プラモデル」であり、結論として行き着いたのが「秋東精工」様でした。そして、ある確信のもと、製作をお願いする運びとなったわけですが、試作品完成の一報を頂き、それを拝見した時の感想というものは、目の前に形になっていることに対して、「ただ嬉しい」この一言に集約されるものでした。図面をお出しして上げることが出来ない厳しい条件だったにも関わらず、その完成度の高さには、実寸大の大きさであることもあいまって、本物と見間違うほどのものでした。

ここまでのレベルになると更に、常に取り扱っている者にしか分からない細部のところまで目が向かってしまい修正を要求したくなるものですが、このような要求に対しても、難色を示すこともなく応じて頂いたことに、とても感謝しております。この中には、金型の修正という手間がかかる部位も含まれていました。この時に話をさせて頂いて感じたのは、とにかくお客様に納得して頂くモノを納めたいといった、熱い姿勢でした。それは顧客本意とする会社の理念なのか、受け継がれてきた職人気質がそうさせるのかは判りませんが、レプリカの製作を依頼するに当たって、秋東精工様を選択させて頂いた自分の判断に我ながら拍手を送ったというのが、納入されたレプリカを見ての率直な感想です。

以下に、石川県の科学館(ひとものづくり科学館・こまつビジネス創造プラザ)「サイエンスヒルズこまつ」のムラタブースに常設展示している様子を示します。

秋東精工の社員の方々も、北陸方面においでになる際には足を運んで頂き、自社製品の行き先として落ち着いた姿を是非、ご覧になって頂きたいと思います。

こまつビジネス創造プラザ(村田製作所ブース)

最後に、御社が益々ご繁栄されますことを心より願っております。
このたびは、本当にありがとうございました。また、引き続きよろしくお願いいたします

更新日:2014年9月19日 新着情報一覧

弊社は、東京都江戸川区が推進する「エコカンパニーえどがわ」に賛同し、環境にやさしい事業所作りを継続的におこなっております。

このたび江戸川区より弊社の活動が評価され、エコカンパニーえどがわの登録事業所として認定されました。

今回の認定だけなく、今後ともエコカンパニーとしてふさわしい事業所であるよう、さらに取り組みを継続してまいりますので、よろしくお願いします。

更新日:2014年5月1日 新着情報一覧

毎週水曜22時より放送中のCS番組「激アツ!名車SHOW」スタート記念といたしまして、自慢のカスタムカーを募集する「カスタム自慢選手権」が始まりました。

TV「激アツ!名車SHOW」でオーダーメイドミニカープレゼント!こちらのイベントにて、「激アツ!ゴールド賞」として弊社製作のオーダーメイドミニカーがプレゼントされます。そのほかにも豪華賞品が当たるキャンペーンとなっています。番組も様々なカスタムカーが目白押しの車好きにとってはたまらない内容となっています。

詳細は以下のキャンペーンサイトをご覧ください。

カスタム自慢選手権

カスタムカーにご興味お持ちの方は奮ってのご応募お待ちしております。

更新日:2014年2月17日 新着情報一覧

このたび弊社は、コスミック出版社発行「もっと可愛いワタシになれる! かんたん、オシャレなヘアアレンジと手作りヘアアクセ」とコラボを開始いたしました。

もっと可愛いワタシになれる! かんたん、オシャレなヘアアレンジと手作りヘアアクセ×秋東精工

 

「使う」プラモデルとして読者の皆様にアクセサリーや日用品などのアイデアを募集し製品化を試みる企画です。

 今まで培ったプラモデルの設計、金型技術を活かすことができればと考えております。

 「もっと可愛いワタシになれる! かんたん、オシャレなヘアアレンジと手作りヘアアクセ」は全国の書店または、インターネット書店で好評発売中です。詳細は誌面にてご確認ください。

 皆様の素敵なアイデアをお待ちしております。

更新日:2013年8月22日 新着情報一覧

2013年8月23日放送のテレビ東京経済番組 L4 you Plus(エルフォーユー・プラス)で弊社が紹介されました。

番組ホームページはこちらとなります。

 

 

 

更新日:2013年2月5日 新着情報一覧

経済産業省の「中小企業IT経営力大賞2013」におきまして、IT経営実践認定企業に選出されました。

http://www.it-keiei.go.jp/award/2013/announcement.html

更新日:2012年6月13日 新着情報一覧

今、公開中の映画「SPEC~天~」の美術協力をしました。
冒頭に当麻(主人公)が持ってるギョウザのプラモデルです。エンドロールにも社名を載せていただきました。

次ページへ »