SYUTO Press

更新日:2018年11月1日 SYUTO Press一覧

こんにちは、社長の柴田です。

先日、「CEATEC JAPAN 2018」に行ってきました。
CEATEC_外観
村田製作所様から、以前秋東精工がレプリカ作成のご依頼を受けたロボット達が、「CEATEC JAPAN 2018」に揃って登場するということで、「よかったら来ませんか?」と誘っていただきました。

「CEATEC JAPAN」はアジア最大級の規模を誇るIT技術とエレクトロニクスの国際展示会で、毎年10月に開催されています。

各社自慢の最新技術を余すところなくアピールしています。

例えばKDDIのブースではARの技術を活用したシューティングゲーム体験が開催され、大いに盛り上がっていました。ヘッドセットを装着することで、自分が森の中で狩りをしているような感覚でゲームを体験できます。

CEATEC_KDDI

いよいよ本題の村田製作所様のブースへ。

プレゼンスペースでは、「10体の玉乗りロボット/村田製作所チアリーディング部」が大活躍していました! 晴れの舞台ということで、チアリーダーたちは着物姿で登場。とても簡単そうに動いていますが、ロボットが互いに連携して動いているというのが、すごい技術なんです。

CEATEC_チアリーディング部

動くロボット達は、もちろん本物。

では、秋東精工がお手伝いした、展示用のレプリカのロボット達はというと…。

いました! さらにチアリーディング部と「自転車型ロボット/ムラタセイサク君」「一輪車型ロボット/ムラタセイコちゃん」のレプリカが揃って展示されていました。

CEATEC_ムラタセイサク君

ムラタセイサク君は、自転車に乗れるだけでなく、幅2cmの平均台を自転車で走ったり、S字カーブをハンドル切りながら走ったりと、多彩な技を持っています。

ムラタセイコちゃんもアイドリング停止やバック走行など、アッと驚く離れ業満載となっています。

ロボットたちの精緻な動きの秘密は内蔵された「ジャイロセンサ」にあります。このセンサがボディの傾きを検知してバランスを取る働きをしています。

チアリーディング部の玉乗り&複数個体の同期制御技術も、実はすごい技術。

秋東精工は、村田製作所様の技術が詰まったこのロボットたちのレプリカ作成に協力させていただきました。本物と見間違うほどの完成度の高さと、ものづくりに対する熱い思いについて高い評価をいただきました。

その際の村田製作所様からの喜びの声についてはこちらをご覧ください。>>【お客様の声】株式会社村田製作所様よりいただきました

今後も、お客様の事業活動をサポートできるような、ワクワクするようなものづくりに取り組んでまいります。

更新日:2018年9月25日 SYUTO Press一覧

こんにちは、社長の柴田です。

11月10 日・11日にミルウォーキー(アメリカ・シカゴ)で開催される世界最大級の鉄道の祭典「Trainfest」に出展することになりました。
trainfest

Trainfest公式URL:https:/www.trainfest.com/

Trainfestは、1972年に第1回目が開催された歴史あるイベントです。当時は1日開催でしたが、年々規模が大きくなり、40年以上もの長い期間、多くの人の支持を受けて開催されています。

2016年には、全国高等学校鉄道模型コンテストで文部科学大臣賞を受賞した広島城北中・高等学校が、特設会場でプレゼンテーションを行いました。

このように日本ともゆかりのあるTrainfestで秋東精工が今回出展するのは、コラボで開発したIoTを学べるレゴ互換の玩具「Fame Toys」です。アメリカでは、「Bridger」という名前で発売しています。

今年のTrainfestでは、「Build & Run」のワークショップが開催されますが、Bridgerはその中の「STEM教育特設コーナー」で、登場することになりました。

STEM教育はアメリカ発祥の教育モデルで、科学技術・工学・数学分野の教育を重視する考え方です。

日本でもそうですが、アメリカでは子どもたちの理系教育にとても力を入れています。

そのため、子どもたちが楽しく遊びながらコンピューターやIoTが学べる玩具が注目されているんです。

Bridgerは、電車を組み立てて、Bridgerに内蔵された「Raspberry Pi」を使うことにより、IoTの仕組みを学ぶことができます。

自分の意図した通りに動かせる楽しさを味わってもらえれば…と思います。

さらに、なんと!Bridgerのテクニカルディレクターである私が、アメリカのテレビ番組に出演するかもしれません!

Trainfestを紹介するコーナーで、Bridgerが登場します。私は特に話をするわけではありませんが、もしかしたら急に振られて私の英語を披露するかもしれません(汗)。

実はその準備作業で先日アメリカに行ったばかり。2泊4日の強行スケジュールでしたが、現地で盛り上がっている雰囲気を感じることができました。

当日は子どもたちに楽しみながらIoTを学んでもらえるように、全力でサポートしたいと思います!

更新日:2018年8月24日 SYUTO Press一覧

こんにちは、社長の柴田です。
先日、東京都立白鷺特別支援学校の白鷺祭にお邪魔しました。

白鷺特別支援学校
画像出典:東京都立白鷺特別支援学校

秋東精工が江戸川区主催の産業ときめきフェアで「Fame Toys」を展示していたのを、たまたま白鷺特別支援学校の校長先生がご覧になり、声をかけていただいたのがきっかけです。
img_fam00
「Fame Toys」は秋東精工がテクニカルリーダーとして開発に参加した商品です。レゴブロック互換で簡単に組み立てることができるだけでなく、「Raspberry Pi」が内蔵されているので、スマートフォンやタブレットを使って自在に動かすことができます。

詳細はこちらをご覧ください!>>秋東精工がコラボする、創造性を養う新しい玩具

Fame Toysがレゴブロックを使えるのと、IoTを学べる教材になることから、「白鷺祭で子どもたちにFame Toysの作り方、動かし方を教えていただけませんか?」と校長先生が依頼してくださいました。

白鷺特別支援学校は、1986年に江戸川区を通学区域とする中学部と高等部を設置する知的障害養護学校として開校した後、2016年からは知的障害特別支援学校高等部単独校となりました。

もともと江戸川区の地域の人々の要望でできたこともあり、地域とのつながりを大切にしている学校です。

当日はたくさんの子どもたちが来てくれました!
デモンストレーション
Fame Toysはスマートフォンやタブレットだけでなく、ゲーム機のコントローラーでも接続して動かすことができます。

ちょうど、コントローラーを持っている子(写真のオレンジ色のシャツを着ている子です)がいて、自分でWi-Fiの設定をして動かしていたのをみて、とても感動しました!

これがご縁となり、白鷺特別支援学校ではIoTの仕組みを学ぶことができる教材として、Fame Toysを教育現場で使っていただいています。

このように、最近では学校で使っていただくことが増えてきました。実はイギリスの学校でも教材として使っていただいています。オーガン先生のツイッターでは学習の様子がツイートされています。

これからも商品開発や地域への貢献活動を通じて、子どもたちの創造性を引き出していきたい、と強く思ったひとときでした。

更新日:2018年7月17日 SYUTO Press一覧

秋東精工は、江戸川区で子育てを頑張るお父さん、お母さんたちを応援するプロジェクト「ハギュットプロジェクト」を応援しています。

「ハギュットプロジェクト」では、子育てで困っている、頼れる人が欲しいと思っているお父さん、お母さんに向けて、江戸川区内の有益な情報を提供しています。

取り組みとしては、

  • 子どもを仕事場に連れていける仕事のマッチング「子どものそばで働くプロジェクト」
  • 子どもの生きる力をつけるための教室を開催する「ハギュット学校」
  • お子さんが成長して読まなくなった絵本を寄付して、必要としている子どもに呼んでもらう「絵本を交換しようプロジェクト」

などがあります。

ハギュット公式サイトはこちらをご覧ください!>>https://www.hugyutto.com/

先月6月には第6回ハギュットフェス2018を開催。キッズチアダンスや、子育てママと妊婦さんによるフラダンスショーなど、地域のみなさんが参加して作り上げるイベントが盛りだくさん。大盛況のうちに幕を閉じました。

秋東精工でも、ハギュットマンの公式キャラクター制作に協力させていただきました!

ハギュットマン

ハギュットマンは、35歳でシステム会社に勤めるお父さんという設定。ホームページのイラストをみながら設計し、3Dプリンタで造形しました。ハギュットマンの形や色、コンセプトも含めて完璧に再現させたと自負しています!

ハギュットマン_実物

さっそく、イベント会場でもハギュットマンフィギュアが大活躍!

ハギュットマンプロジェクト

https://www.instagram.com/explore/tags/ハギュットマン/

前髪は、両手で子どもをギュッと抱きしめる形をイメージしています。この部分は特に思いを込めて設計しました。

秋東精工は、経営理念として「子どもたちの笑顔のために創る」を掲げており、子どもたちに夢を与えるプラモデル製造が事業の柱のひとつです。事業を通して、子どもの成長の一助となりたい、また、秋東精工の本社のある江戸川区で安心して子育てができるよう、地域に貢献していきたいと考えています。

更新日:2018年6月1日 SYUTO Press一覧

今年も、社内の期待を背負った新入社員が入社しました。束田巧実(つかだ たくみ)さんです!

束田さん
小さいときからプラモデルとスポーツが大好きだったという束田さん。オタクとスポーツマン、二つの顔を持つ束田さんにインタビューしました。

――.秋東精工に入社した理由を教えてください。

束田:小学校2年生のころからプラモデルを作っていて大好きだったので、プラモデルの仕事に就きたいとずっと思っていました。就職活動の際に、「プラモデル」で検索したら、秋東精工のホームページが出てきたんです。ホームページを見ると、いろいろな製品を開発していることがわかり、入社したいという思いが強くなりました。

――.モノづくりが好きだったんですね。

束田:専門学校では、3D CADを勉強していて、卒業制作はダンボール戦機を作りました。いまもゲーム機用に部品を調達してパソコンを組み立てたりしています。スポーツも好きで、小中学校ではバスケットボール、高校では卓球をやっていました。
――.入社したとき、入社する前と秋東精工の印象は変わりましたか?

束田:入社前からホームページで社内の様子を見ていたのですが、その印象よりは、意外と会社が狭かったです(笑)。就職活動の時にまわった大手の企業は固い印象がありましたが、秋東精工はとてもアットホームで、みんな仲がよく、楽しそうに働いていていいな、と思いました。その印象は入社後も変わっていないですね。

――現在はどんな仕事をやっていますか。

束田:商品の組み立てをやっています。手先が器用なので楽しく仕事をしていますが、ひとりきりの作業なので、ちょっと寂しいです。なので、今後、他の先輩方と一緒に仕事ができる業務もやってみたいです。

――お休みの日は何をしていますか?

束田: 車が大好きで、とうとう今年の3月にシルビアを買ってしまいました!車は実家に置いてあり、毎週末に実家のある群馬県伊勢崎市に帰って車に乗っています。車を買うために親に借金しているので、毎月しっかり返済するためにがんばって働きます!

束田さんの車
――柴田社長から激励の言葉をお願いします。

柴田:自分の強みが仕事のどこに活かせるか?をいつも考えながら作業すると、束田君にしかできない仕事の価値が生まれると思う。期待しているので頑張ってください。

――では束田さんから今後の抱負をお願いします!

束田:今後はCAMや金型作成にも挑戦していきたいですね。いろいろなことを積極的に学び、成長していきたいです。
束田さん_集合写真

更新日:2018年4月18日 SYUTO Press一覧

こんにちは、社長の柴田です。

このたび秋東精工は、経済産業省・中小企業庁の「はばたく中小企業・小規模事業者300社」に、全国中小企業約3,800,000社の中から選ばれました!「中小企業」に引き続いての受賞となります。

「はばたく中小企業・小規模事業者300社」は、革新的な製品開発やサービス創造に取り組むなど、様々な分野で活躍している中小企業・小規模事業を認定するものです。

秋東精工は、昨年3D造形デザイン事業部を設立し、新事業を創出したことが評価されました。

過去の記事 「SYUTO Press Vol.50 ものづくりの新たなステージへ。秋東精工2017年総集編!」でもご紹介しましたが、2017年はいろいろなことにチャレンジした年でした。こうした取り組みが受賞という形で評価され、大変嬉しく思っています。

そして、3月26日(月)に霞ヶ関の経済産業省本館で開催された受賞式に参加しました。

はばたく中小企業授賞式

会場では、同じく受賞された西川精機製作所の西川社長とお会いすることができました。西川精機製作所様とは、「プロジェクトSAKURA〜純国産アーチェリーの復活〜」で共に事業に取り組んでいます。せっかくの機会なので、決めポーズで一緒に記念撮影しました(笑)。

はばたく中小企業_記念撮影

そして授賞式では、経済産業省の世耕弘成大臣から、賞状と盾が授与されました。盾はガラス製で、江戸切子の細工が施されています。社内に大切に飾っています!

はばたく中小企業_賞状

はばたく中小企業_盾

今回選定された企業の事例については中小企業庁のホームページよりダウンロードできます。:http://www.chusho.meti.go.jp/keiei/sapoin/monozukuri300sha/index2018.htm

秋東精工の事例については、こちらをご覧ください。:http://www.chusho.meti.go.jp/keiei/sapoin/monozukuri300sha/2018/seisan041_shutoseiko.pdf

受賞にふさわしい企業であり続けるよう、現状に満足することなく、これからも社員一同全力でチャレンジを続けていきます。

今後の秋東精工にご期待ください!

 

 

 

更新日:2018年3月23日 SYUTO Press一覧

こんにちは、吉田大我です。私が秋東精工に入社した時、秋東Pressで紹介されたのですが、はやいものでそれから3年がたちました。

SYUTO Press Vol.18 作曲と金型製作に共通点!? 転身した新人吉田はどのような作品を目指すのか!

今回は、社長の任命で大型マシニングセンタの導入を担当したので、ご報告をしたいと思います。
吉田さん
マシニングセンタは、コンピュータでプログラムを作り、その命令通り切削加工することでプラモデルの金型を作る機械です。

金型を作るには、金属の板を設計に合わせてドリルで穴をあける作業があります。

ドリル

穴をあける場所はCAMで設計して制御データを作成し、マシニングセンタでその設計に合った太さのドリルを上部にセットして削っていきます。
マシニングセンタ
穴の大きさは大小さまざまあるため、ドリルもかなりの種類を揃えています。

ドリルセット

今回のマシニングセンタの導入により、0.1mm単位のドリルをすべて揃えて、金型も600mm×450mmの大判サイズまで自社で内製できるようになりました。これで、従来は外注していた金型も自社で内製できるようになりました。

ちなみに、CAMの設計は私が担当し、実際のオペレーションは清藤 聖也(きよとう まさや)君が担当して進めていきました。

でも、思っていた以上に苦難の道が待ち受けていました。機械に独特のクセがあって、なかなかうまく動作しなかったのです。

清藤君といろいろ試したのですが、あっちが直るとこっちが動かなくなるといったことを繰り返すこと、・・・なんと半年!! あまりにストレスがたまり、八つ当たりに二人でウエス材(工業用の拭布)を振り回したり殴ったりして暴れたことも・・・(笑)。

でもめげずに粘り強く調整したかいがあって、最近では驚くほど生産効率があがり、工場の大黒柱になりました!

例えば、下の写真は設計からオペレーションまで私1人で担当し、新しいマシニングセンタで作った金型の1つです。マシニングセンタを無事に導入できた嬉しさで、金型の重さもまったく感じません(?)

吉田さん2

いままで、大きな金型のベース部分を作成する場合は、既存のマシニングセンタには入らないため、やむなく外注していました。

おかげさまで、弊社ではたくさんの会社様から様々なサイズの製品を依頼されておりますが、今回新しいマシニングセンタを導入して作業を内製化したことで、より柔軟な生産体制を作ることができ、納期のコントロールもできるようになりました。

今後はさらに工夫してお客様の要望にさらに柔軟に応えられるようにしていきたいです。

これからも進化する秋東精工と僕にご期待ください!

更新日:2018年2月23日 SYUTO Press一覧

こんにちは、社長の柴田です。

2018年1月8日(月)~1月11日(木)に香港で開催された第44回香港トイフェア(44th Hong Kong Toys & Games Fair)へ、社員の榑松を連れて視察に行ってきました!

香港トイフェア_看板

といいますのも、実は昨年、世界で販売していく予定のIoT玩具「Fame Toys」の開発をお手伝いさせていただきました。

こうしたご縁もあるなかで、秋東精工も海外展開を考えていきたい、という思いが強くなりました。

そこで今年は、世界ではどのような玩具が好まれているのかを勉強するために、市場調査を積極的に行う予定でいます。

その取り組みの一環として訪れたのがこの香港トイフェア。会場全体にものすごい活気があり、世界、特に中国の勢いを肌で感じることができました。

香港トイフェア_場内

会場にはキャラクターの着ぐるみを脱いで一休みする光景をあちこちで見かけました。日本ではなかなか見られません(笑)。

香港トイフェア_ぬいぐるみ

ただ、失敗を恐れずどんどん挑戦していく雰囲気は、日本がどこかに置き忘れたもの。圧倒的なパワーはうらやましくもあります。

展示会を見ていて日本との違いを特に強く感じたのは、玩具の造形についてです。

日本ではF1のミニチュアカーなど、極めてリアルに近い精巧な造形が好まれる傾向にありますが、こちらでは、現実にないようなデフォルメしたものが人気です。

写真は、現地で買ってきたミニチュアカーです。
香港トイフェア_玩具
まるでデコトラのようですね(笑)。こうした玩具をみると、香港で受け入れられるには、リアルなモノをいかに大胆に、面白く崩していくか?がポイントだと感じました。

今回、世界に実際に足を運ぶことがいかに大切かを痛切に感じました。またそれらを、これからの自社のビジネスにも活用していこうと、気持ちを新たに致しました。

さて、最後に。香港は観光都市としても魅力的な街です。とにかく、街中が活気にあふれていて、人力車観光バス(香港のオープントップバス)に乗って、街並みを見るだけでも楽しいです。

香港

 

グルメなど、観光スポットも盛りだくさん。またプライベートでも来たいと思いました。

今後も各国を回る予定です。長年玩具業界に携わる企業の視点から、世界の玩具事情をお知らせしたいと思います。どうぞお楽しみに!

更新日:2017年12月25日 SYUTO Press一覧

こんにちは、社長の柴田です。

早いもので、今年もあと少しです。

振り返ると2017年は秋東精工にとって大きなチャレンジの年でした。新しいことに挑戦して苦労をしながらも楽しく乗り越えていくことができ、大きな収穫があったと感じています。

今回は秋東精工の今年一年の総集編として、主なトピックをご紹介します。

純国産アーチェリー弓具開発「プロジェクト桜」にサブリーダーとして参画!

「プロジェクト桜」は、江戸川区が推進するものづくりプロジェクトです。地元企業が純国産アーチェリーを日本人競技者の体格にあわせて開発し、日本人メダリスト誕生に貢献する取り組みです。秋東精工はサブリーダーとして参画しています。
11月1日には記者会見を開催しました。NHKの番組「超絶 凄(すご)ワザ!」~東京オリンピック全力応援 究極の競技用具をつくれ!~で放送されたこともあり、メディアの関心は高く、当日は大勢の取材陣の方々から取材を受けました。
記者会見
右から3番目が私です!プロジェクトチームの一員として晴れやかな舞台に立てて光栄でした。
2020東京オリンピック・パラリンピックに秋東精工の技術力で貢献したいと思っていたので、純国産アーチェリーの弓具開発に携われることをとても嬉しく思っています。と同時に、選手の成績を左右する道具の製作を担うことに身の引き締まる思いです。
秋東精工特設ページもご覧ください!:「プロジェクトSAKURA〜純国産アーチェリーの復活〜」http://www.syuto.jp/project-sakura

 

IoT鉄道模型「fame toys」の開発に参画!

ブロックのように簡単に組み立てられる鉄道模型キット「fame toys」の開発にテクニカルリーダーとして参画しました。
FameToys

「fame toys」は子どもの創造力を伸ばすための教育用おもちゃとして開発されました。レゴブロック互換となっており、秋東精工の技術力をつぎ込んだ精密な金型から作るプラスチックで構成されています。
また、制御ボード「Raspberry Pi(ラズベリーパイ)」を使うことで、スマートフォンやタブレットから組み立てた機関車を動作させることが可能です。用意されているサンプルコードをもとに自分でプログラミングして機関車を制御することもできます。
今の子どもたちにプラモデルをもっと魅力的に感じてもらうためには、動くプラモデルをつくることがひとつの手段だと秋東精工では考えていました。このプロジェクトに参画できたことで、一歩目標に近づくことができました。

秋東精工特設ページもご覧ください!:「Fame Toys~IoTを学べるレゴ互換の玩具~」http://www.syuto.jp/fametoys

 

新事業創出の取り組みとして3D造形デザイン事業部を設立!

今年は、新しい3Dプリンタを導入し、小ロットの樹脂製品に対応する3D造形デザイン事業部を設立しました。おかげさまで想定以上のお問い合わせをいただいています。設立後、これまで手掛けてきたものの中のひとつが「ハギュットマン」です。

ハギュットマン

ハギュットマンは、ウェルフィールド様が運営する江戸川区子育て支援サイト「HUGYUTTO(ハギュット)」のゆるキャラです。ちなみにハギュットマンは35歳の優しいパパです。
その他に、クライアント様との守秘義務があり詳しくは言えないのですが・・・今年一番ニュースになった飛行機の模型も担当させていただきました!

秋東精工特設ページもご覧ください!:「3D造形デザイン事業部」http://www.syuto.jp/3d-print

 

ものづくり新ステージへ、第二工場新設!

今年秋東精工は本社の近くに第二工場を新設しました。

第二工場

緑豊かな環境で、向いは幼稚園。今後は幼稚園児が楽しめるイベントを企画して交流できたらいいなあ・・・と考えています。第二工場ができて生産ラインや作業効率を抜本的に見直したことで、生産能力がさらにパワーアップしました!

過去記事もご覧ください!:SYUTO Press Vol.39 本社1階に大型マシニングを導入&松島工場(第二工場)が本格稼働!http://www.syuto.jp/archives/1093

実り多き一年でしたが、これに満足することなくさらなる進化を目指します。2018年も秋東精工にご期待ください!

 

更新日:2017年11月28日 SYUTO Press一覧

今日はいつもとは違って社内がバタバタしています。
準備中
実は今、日本テレビ放送の「ぶらり途中下車の旅」の取材を受けている最中なんです!

何を紹介するのかもわからないので、秋東精工がこれまでに手掛けた商品を我謝が片っ端から手入れしています。

「ぶらり途中下車の旅」は毎週土曜朝9時25分から放送の紀行・鉄道旅行番組です。毎回個性豊かな芸能人が旅人となって電車できままにぶらりと旅します。

今回は都営新宿線の船堀駅を途中下車して秋東精工の本社に寄っていただきました。

今回秋東精工を訪れた旅人は・・・山田五郎さんです!

山田五郎さんは美術評論家でありタレントさんでもあります。秋東精工も紹介されたことのあるテレビ東京の番組「出没!アド街ック天国」にもレギュラー出演していらっしゃいます。山田さんとは不思議なご縁を感じます!

下記記事参照:SYUTO Press Vol.46 9月2日(土)夜9時放送の「出没!アド街ック天国」で秋東精工が紹介されます!
http://www.syuto.jp/archives/1188

秋東精工が登場した「出没!アド街ック天国」の放送では、秋東精工が過去に手がけた餃子のプラモデルが紹介されました。

そこで山田さんにも餃子プラモデルの組み立てと塗装に挑戦してもらうことに。

餃子

この商品はAmazonで購入できます。よろしければこちらからご覧ください!

「出没!アド街ック天国」にチラリと出演した高岡も参戦して、山田さんと餃子対決をしました。

山田さんが社内に入ってきた時、一目で「あ、この方はものづくりが大好きな方だな」と直感しました。本社工場をくまなく見学していただきましたが、最後まで大いに盛り上がり、ものづくりのやりがいや意義を存分にお伝え出来たと思います。

最後は山田さんと記念撮影。山田さんは社員ひとりひとりの名前を気さくに呼んでくださって、とても素敵な方でした!

集合写真

この山田さんと高岡との餃子対決の行方はいかに?結果は12月2日(土)朝9時25分からの放送をぜひご覧ください!

 

次ページへ »